上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会人になりたての7年前、
写真家・東松照明さんにインタビューをしました。
「取材」も初心者、「写真」も初心者。
東松さんがどんな方かもよくわからないまま。

写真を撮ることに興味が出てきた頃ではあったものの、
今思えば、恥ずかしいインタビューだったような気がするなぁ。
でも東松さんはにこやかに、やさしく答えてくださいました。

その後、県立美術館で行われた「長崎マンダラ展」で
東松さんの写真を見て衝撃を受けることになったわけですが…。
その「長崎マンダラ展」で販売されていた写真集を
金銭的な理由で買うことができなかったことを
今でも後悔しているのであります…。新社会人には高かった…。
数日悩んで買うことを決意して再度行ったときには売り切れ。
今では、ほぼ入手不可能。

その写真集が長崎市内にあるギャラリー&喫茶「アレンジ」に
あると聞いて、今日行ってきました。

鮮やかで深い色合い、写真の中の人・動物との距離感、空気感。

自分の「写真撮りたい欲」と向き合えた一日でした。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 seven works, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。